LOADING...

NEW MEMBERS WELCOME

自動車部でしか体験できない新歓イベント実施中!
新入生はこちらから

全日本学生ジムカーナ選手権大会参戦記

ご無沙汰です。4年の地頭所です! 

今回はいろいろなネタがあります。

まずはおそらく東大自動車部史上初なのではないかという全日本学生ジムカーナ選手権参戦記を書きます!

全日本学生ジムカーナ選手権は毎年夏の終わりに鈴鹿サーキット南コースで開催されますが、遠征費用が厳しく当部は参戦を諦めていましたが、やっぱり出てみたいという(主に僕の個人的な)思いにより今年参戦が実現できることとなりました。思いだけではなく、それに協力してくれた主将の山下、2年の岡田、また積載車をお貸し下さった日本VIEWTEC様、ありがとうございました。

選手は4年地頭所、主将山下、2年岡田の3人でした。今回は有志での参戦という形となり、この3人のみで車両整備、パーツ購入、8/16練習会、今回の8/30〜9/1までの練習会+本番の全ての鈴鹿遠征を3人で行ってきました。宿の宿泊人数を受付で聞かれたとき3人!?と驚かれたとき、こんな大学他にないんだなと気づかされました。

全日参戦準備は8月前半から始めていました。

8/8、以前の浅間台練習会でボンピンが外れ、ジムカーナ中にパオーンしてしまった部車のフロントガラスの張り替えから行いました。マイナスをゼロに戻す作業は虚無です…

8/16の鈴鹿練習会に向けて急ぎで貼り変えるために、自動車部御用達の千葉市のTRSにお願いしました。深夜2時までお世話になった小山さん、大変ありがとうございました。

無事に8/16の鈴鹿練習にも参加でき、他大との直線の圧倒的差を確認することができましたw

その後大会に向けてのドラシャ交換整備等のほとんどを山下、岡田の2人が行ってくれました。(僕は学生フォーミュラのドライバーをやるため静岡へ…申し訳ない)

鈴鹿へは8/30から入りました。山下と岡田はその日の練習会に午後から参加し、コースに慣れていきます。ここで突貫工事で取り付けたフロントガラスから雨漏りしていることが判明…次の日には車内が湖の臭いになっていました。この日は山下の派手なスピンが会場を沸かせたものの無事に終えたようです。

8/31の公式練習、選手1人1回きりジムカーナ走行の機会を得られます。朝一の慣熟歩行で鈴鹿南は寝てても走れると自信満々の岡田選手が、たったパイロン3つ目くらいから早速ミスコース、自分でコースを開拓していきます。この後岡田選手は次の日まで他大に弄られ続けていたようです。

新品Sタイヤを履くのが初めての僕ら3人は異次元のコーナリングフォースに戸惑うばかりでしたがある程度順応し練習を終えました。

9/1の本番、右リアがロックしない現象に気づいたものの、今回のコースでは180、360度を含む多くのターンが左回り…

不安の中1走目岡田が出走しますが、案の定1つ目の左180度でサイドがロックせず禁断のバックギア。でも諦めてバックに入れるまでの早さはトップクラスでしたw

2走目山下、鬼門とされる1つ目の左ターンでターンを決めて久々に鳥肌が立ちました。やってくれます。確実にタイムを残しました。

3走目地頭所、ターンを決め360度も無難に回り気分が上がったところ、次の右サイドセクションをカットし元気よくミスコースしました!w  それまでのS字はとても良かったと言われていたのにとてももったいない、、後々このミスでメンタルがやられていくこととなります汗

喝!

そして午後2本目、東大陣営にまたもや暗雲が立ちこめます。フロントの03G S5コンパウンドが午前の3本で半分も無いくらいになってしまいました汗  初のSタイヤ、流石に6本は持つでしょと楽観視していた(そもそも買うお金もなかった)中、予想を超える減りの早さ!今更調達方法も考えましたが、これを持たせるしかないということで6本このタイヤで走る決断をしました笑 

さて午後最初の出走です。

岡田2本目、苦手とするFFサイドを本番で決めてきました!先輩涙が出そうになりましたよ…汗 大きなミスなく終えて良い仕事をしてくれました。

山下2本目、1本目に好タイムを残しているのにもかかわらず出走前は謎に緊張していましたが、サイド1つ目は順調、2つ目右180度の立ち上がりでホイールスピンさせながら立ち上がりおや?wとなります。いつもの気合い走りモードに入ったようです。勢いは良くタイム更新を期待できそうでしたが、パイロンを跳ね飛ばして元気よく終わります。

最終走は地頭所です。2人がタイムを確実に残してきた以上、ここでMCでもPTでもあった瞬間総合順位がおじゃんになります。1本目にタイムが残らないとこんなに心境が苦しくなるのですね。最初の2つの180度はきめました。S字などいつも通り走った気もしますが1本目より置いているように見えたそうです…その後360度でリアを食わせるミス、それによる右サイドセクションへのロス…。回り過ぎて当たるのが怖く守りに入ってしまいました。

「攻めなきゃ」と「パイロンに当たりたくない」の葛藤で何を考えながら走っていたのか全く覚えていませんが、感じた限りではミスは360度だけだったので好タイムを期待しました…が、待っていた2人のテンションを見てタイムを察しました。笑

結果としては、

地頭所1:27.307(個人30位)

山下1:27.479(個人32位)

岡田1:28.479(個人37位)  全93人

団体8位  全31校

となり、みんな似たり寄ったりのタイム、仲良く30番台となりました笑

たらればですが、3人の合計タイムがあとコンマ8あれば6位入賞だったとのこと、、どの選手も同じですがミスが悔やまれます。

もちろんジムカーナ自体の技量、練習量不足ももちろんありますが、やはりSタイヤのノウハウ、それを履いた練習量が絶対的に足りていなかったと痛感しました。来年度以降も参戦できることになれば、この経験を後輩達に引き継いでいきたいです。

この悔しさは、まずは来週からの七大戦in九州でぶつけてきたいと思います!! 

この度は応援ありがとうございました。

最後に私事ですが、納車の報告です。NCロードスター、買いました。同期の宮地にメンテをお願いし七大マシンとなります。フロントの入りが良く進入から立ち上がりまでオーバーステアな感じでセッティングがあれですが、とてもdriving pleasureを感じる車です笑(早速エンジンチェックランプがついたようですが、まあ新しい車なので大丈夫でしょうw) 

今年の七大戦in九州は9/13にジムカーナ、15にダートトライアルで競われ、我々は9/9に駒場発の長い旅になります。2015~2017年にかけて東大は3連覇を達成しましたが、昨年2018年は3位と苦い結果になっております。練習、車両整備を部員一同頑張ってきましたので、今年こそは総合優勝を奪還するので応援の程宜しくお願いします。

七大前最後のブログなので、、、今年も東大の神になります。宜しくお願いします。